ミュージカル
PR

劇団四季アラジン1階と2階おすすめはどっち?東京での見え方や見やすい席も紹介!

劇団四季 アラジン 1階
abe
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ロングラン上演されている劇団四季東京の「アラジン」。

はじめは、どの席を選んだらいいのか迷ってしまいますよね?

この記事では、劇団四季東京の「アラジン」初心者の方に向けて、1階と2階ではどちらがおすすめなのかを検証して行きます。

更に、それぞれの見え方や見やすい席もご紹介しますよ!

【今回のテーマ】

  • 劇団四季アラジン1階と2階おすすめはどっち?
  • 東京での見え方や見やすい席も紹介

チケットを取る前にしっかり予習して、自分にベストな席を見つけて行きましょう!

アドセンスディスプレイ

劇団四季(東京)アラジン1階と2階おすすめはどっち?

【劇団四季「アラジン」座席表(東京電通四季劇場[海])】(2024年7月時点)

劇団四季 アラジン 1階

出典元:https://www.shiki.jp/

いざチケットを取るとなると、まず迷うのは1階席にするか2階席にするか…。

筆者のおすすめは、ズバリ1階席

なぜなら、1階席の「ライブ感」が格別だからです。

劇団四季「アラジン」の魅力は、なんといっても歌とダンス。

アラジンとジーニーの「フレンド・ライク・ミー」や、「ホール・ニュー・ワールド」の魔法の絨毯シーンなど、1階席なら目の前で迫力満点に味わうことができるんです。

せっかくミュージカルを見に行くんだから、ライブ感や臨場感を味わなくちゃね♪

更に、1階席の中でもおすすめは「1階席の12列目」!

早速、筆者おすすめの「1階席の12列目」を詳しく見て行きましょう。

1階席の12列目がおすすめ!

ライブパフォーマンスならではの臨場感を味わえる1階席。

その中でも「12列目」がおすすめの理由は、その列から座席が階段状になっているからです。

11列目までは緩やかな傾斜で、前の席の人の頭がどうしても気になってしまいます。

12列目から列ごとに段差があるので、前に大きな人が来ても大丈夫!

お子様にもお勧めの席になっています。

では次に、お子様連れの方が安心して鑑賞できる席をご紹介して行きますね。

劇団四季のアラジンは、男の子にも女の子にも大人気!

子どもにおすすめの席は?

劇団四季「アラジン」の上演時間は約2時間45分。

子どもにとっては、なかなかの長時間です。

確かに上映中に自分の子どもが急に泣き出したり、突然「トイレ!」ってなったらどうしようって不安になっちゃうよね。

お父さんやお母さんにおすすめの席は、お子様の緊急事態でも安心の1階の通路側の席です。

1階か2階かを迷った場合は、傾斜の緩やかな1階席を選んでおくと、抜け出す時に移動しやすいので安心です。

他にも「親子観覧室」や「シートクッション貸出サービス」など、お子様と一緒に安心して鑑賞できるサービスもあるので、ぜひご活用くださいね。

ちなみに、3歳未満のお子様の入場は不可となっているのでご注意ください!

劇団四季アラジン(東京)の見え方や見やすい席も紹介!

ここまでは1階席をおすすめしてきましたが、2階席が見えにくいというわけではありません。

1階席にも2階席にもそれぞれの見え方があり、それぞれの楽しみ方があります。

座席を選択する時の決め手は、自分が何を重視するかだと思います。

  • せっかく来たから最前列で大迫力のステージが見たい
  • 演者さん達の表情が見たい
  • 3回目のアラジンは、舞台装置や演出など隅々まで見たい
  • 初めてだからゆっくりステージ全体を見たい
  • コスパ重視

「初めての人」「リピーター」「好きな俳優さん目当て」など、状況でも選ぶ席は変わってきますよね。

何を重視するかは人それぞれ!

座席表と併せて、料金表も見てみましょう。

【劇団四季「アラジン」料金表】(2024年7月時点)

ピーク
土日祝日(昼)
レギュラー
平日(昼)
土日祝(夜)
バリュー
平日(夜)
S1席会員
(一般)
¥13,000
(¥14,000)
¥12,000
(¥13,000)
¥11,000
(¥12,000)
S席会員
(一般)
¥13,000
(¥14,000)
¥12,000
(¥13,000)
¥11,000
(¥12,000)
子ども¥8,500¥8,000¥7,500
A1・A2席一般¥10,500¥10,000¥9,500
子ども¥6,500¥6,000¥5,500
B席¥8,500¥8,000¥7,500
C席¥5,500¥5,000¥4,500

劇団四季「アラジン」の座席は6種類。

各種座席は料金も違い、見え方や見えやすい席も違います。

そして座席には、それぞれの楽しみ方があります。

座席表と料金表を念頭に置きながら、1階席と2階席の見え方を比べて行きましょう。

どんな違いがあるのか気になる〜

1階席と2階席の見え方の比較!

前章では、1階席と2階席では見え方に違いがあるとお伝えしました。

その違いを先にお伝えすると、臨場感を味わえるのが1階席、客観的に俯瞰して舞台全体を見下ろせるのが2階席です。

1階席、2階席それぞれの良さがあるんだね

ここで、1階席と2階席の見え方に関するネットやSNS上での口コミを、エリア別にまとめました。

【1階席と2階席の見え方に関する口コミ表】

1階席2階席
席種見え方席種見え方
前方
センター
S1席・臨場感がある
・演者達と目線が合う
・世界に入り込める
・首が疲れる
S席・程よい距離感
・舞台を見下ろせて

全体が見やすい
・ダンスの動線が

楽しめる
中央
センター
S1席・舞台全体が見やすい
・ちょうど良い距離感
・演者の表情が

見えにくい
A2席・舞台を見下しながら
演出を楽しめる
・演者の表情が

見えにくい
後方
センター
S席・舞台全体が見渡せる
・ストーリーに

集中できる
・首が疲れない
・演者の表情が

見えにくい
B・C席・リピーターにおすすめ
・シーンによっては

見切れてしまう
・チケット代が

S1席の半額以下
前方
A1席・チケット代が安い
・シーンによっては

見切れてしまう

「アラジン」の劇場は、全体的にコンパクトで、どの席も鑑賞には問題のない作りになっています。

後方の席を選んでも、実際に行ってみたら「意外に近かった!」という口コミも、SNS上でよく見かけました。

上の表と自分の重視するポイントを照らし合わせて、お財布と相談しながら座席を選んでみてくださいね。

後方や端の席を選ぶ場合は、オペラグラスを持っていくといいよ!

1階席と2階席の見やすい席の特徴!

舞台装置や演出が見える席、演者の表情が見れる席、動線が見える席など、「アラジン」には多種多様な座席が存在しています。

前章の口コミ表の中で「見やすい」と評価されていた席は以下の通り。

  • 1階席中央センター席
  • 2階席前方センター席

どちらも、程よい距離感で舞台全体が見渡せる点が共通の特徴です。

この2つの席で迷った時は、どうすればいいの?

では、それぞれの特徴をもっと深掘りしていこう!

1階席の中央センター席(S1席)
  • 舞台全体が見渡せる
  • 舞台とちょうど良い距離感で首や目が疲れない
  • 「アラジン」で話題の魔法の絨毯シーンが臨場感たっぷり
  • 12列目以降は座席が階段状になっているので前の人の頭が邪魔にならない
2階席の前方センター席(S席)
  • 程よい距離感で視界が開けている
  • 前に人の頭もなく、手すりが視界を遮ることなく見やすい
  • 首や目が疲れない
  • 魔法の絨毯シーンでは、背景の星空も綺麗に見渡せて客観的に楽しめる
  • 舞台装置や照明や演出部分まで見ることができて、1階席では分からない発見がある

2種類の席の違いは、客観性。

「アラジン」の世界にどっぷり浸れる「1階中央センター席」。

演出や仕掛けなども見れて、客観的に楽しめる「2階前方センター席」。

自分が何を重視しているかが、やはり席を選ぶポイントになりますね!

ただ、どちらを選んだとしても、舞台からの距離感も程よく、「アラジン」のストーリーをしっかりと堪能できるのでご安心ください。

どちらも初心者におすすめの席だよ!

まとめ

この記事では、大人気の劇団四季「アラジン」東京のおすすめの席(1階席なのか2階席なのか)や、それぞれの見え方や見やすい席をまとめました。

【今回のテーマ】

  • 劇団四季アラジン1階と2階おすすめはどっち?
    • ライブ感がたまらない「1階席」。
  • 東京での見え方や見やすい席も紹介
    • 1階席にも2階席にもそれぞれの見え方があり、それぞれの楽しみ方がある。
    • 「1階席中央センター席」と「2階席前方センター席」は、どちらも程よい距離感で舞台全体が見渡せるのでおすすめ。

迷ってしまった時は、ぜひ自分が何を重視するかを考えてみて下さい。

1回目は「1階席」でアラジンの世界にどっぷり浸って、2回目は舞台装置や照明や演者さん達の動線を客観的に楽しむのもいいかもしれないね!

自分のニーズに合った席を見つけて、アラジンやジーニー、ジャスミン達に会いに行きましょう!

アドセンスディスプレイ
ABOUT ME
kazu
kazu
家族ファーストがモットーの3児の父親です。 妻は、数秘×マヤ暦鑑定の先生です。
愛知県在住。
ワンちゃん大好き! 現在ラブラドール2頭とポメチー1頭を飼ってます。
ディズニー大好き毎年家族で行ってます。
error: 右クリックできません。
記事URLをコピーしました