ディズニー全般
PR

ディズニーにリュックで行くのは危険で邪魔?ショルダーと合わせてメリット・デメリットも!

ディズニー リュックで行く 危険
maya23
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2024年も益々来園者数が増え、人気スポットとなることが予想される東京ディズニーランド・ディズニーシー。

ディズニーランド・ディズニーシーを楽しむには、どんな恰好で行けばいいのか悩んだことはないでしょうか。

どんな天候なのか、どんな人と行くか、どんな遊び方をしたいのかによって持ち物や服装もかなり変わりますよね。

筆者は、ディズニーに行くときは悩んで荷物多くなりがち!

SNSではリュックを持っていく事に関して「危険、邪魔」だという投稿も一部ではあるようです。

では、ディズニーにリュックで行くのは危険や邪魔と言われる理由はなぜでしょうか。

ショルダーバッグの使用と合わせてメリット・デメリットも気になりますよね。

そこで、今回は

  • ディズニーに、リュックで行くのは危険や邪魔と言われる理由
  • ショルダーバッグと合わせたメリット・デメリット

こちらについて調査していきたいと思います。

ディズニーをより楽しむための参考にして下さいね。

アドセンスディスプレイ

ディズニーにリュックで行くのは危険だし邪魔?

上述したように、ディズニーでリュックを背負っている人に対して「危険・邪魔」という意見を聞く事があります。

では、本当にディズニーにリュックで行くことは危険や邪魔を伴うのでしょうか。

結論から言うと、使い方次第で邪魔になったり危険を伴う可能性があります

ではどんな場合に邪魔になったり危険を伴うのか、ディズニーでリュックを使用する際の注意点を見ていきましょう。

ディズニーリュックで注意すべきポイント!

ディズニーでリュックを使用するときの注意ポイントとしては、ディズニーは基本的にとにかく人が多いので、人混みやスピーディーな対応が必要となる場面で邪魔になったり危険があるという事です。

ディズニーでリュックを使用する際の注意点を以下で詳しく解説していきます。

①アトラクションに乗るときに不便になりやすい

ディズニーに行く場合、アトラクションに乗ることも多いと思います。

アトラクションに乗る際は、大きい荷物を足元に置かないといけません。

そのため、リュックを持っている時はリュックを足元に置き、アトラクションが終わったら背負うという動作をしなければならず、人によっては不便に感じるでしょう。

②荷物を取り出しづらい

後ろに背負っているため、ジッパーを降ろして荷物を取り出さなければなりません。

リュックの中の物を取り出す際に取り出しづらく、お会計などがスムーズにいかない時もありそうです。

③面積があるので周囲の邪魔になることがある

リュックは大容量の荷物が入る分、面積が大きくなります。

そのまま背負っていると、人混みの中では邪魔になるケースもあるでしょう。

④盗難や落とし物のリスク

リュックは後ろに背負っているため、後ろの状態が見えません。

人混みの中で身動きが取りづらい状況では、気を付けていても盗難や落とし物の危険も考えられます。

十分注意したいですね。

リュックを使用するときは、こうした事を前提のもとでどう行動したらいいか判断することが重要ですね。

人が多いからこそ、いろいろ注意を払わなければならないポイントがあるね!

リュックでのおすすめ行動パターンは?

ここまではディズニーでリュックを使用する際の注意ポイントを見てきました。

では、リュックを持っていくときのおすすめ行動パターンとは何でしょうか。

ショーやパレードをメインに行動する時と、子供連れで園内を周る時に役立ちます

一つ一つ解説していきましょう。

①ショーやパレードをメインにディズニーを楽しむ場合

ショーやパレードを楽しむ場合、レジャーシート、カメラ、ブランケットなど荷物が多くなりがちです。

そんな時、容量の大きいリュックがあれば安心ですね。

ショーやパレードを観る時は、移動もあまりないので置いておくだけで良いこともポイントになります。

②子供連れで園内を周る場合

子供と訪れる際には、何かと荷物が多くなりますね。

リュックであれば、大きな荷物も収納できて動きやすいでしょう。

また、両手が空くので子供連れには便利です。

リュックとショルダーのメリット・デメリットも紹介!

ここまではリュックについて見ていきましたが、ディズニーに持っていくバックとしては様々なアイテムがあります。

リュック同様に使いやすいバックの代表格は、ショルダーバック

そこで、リュックとショルダーのメリット・デメリットを比較してリサーチしてみました。

<リュックとショルダーのメリット・デメリット>

メリットデメリット
リュック・両手があく
・容量があるので大きな荷物も入る
・両肩にバランスよく重さがかかるので疲れにくい
・他のバックより容量がある分、荷物が多くなる
・人混みでは周囲の邪魔になりやすい
・後ろに背負っているため、荷物を取り出しづらい
ショルダー・肩にかけたまま、スムーズに荷物を取り出せる
・おしゃれに見える
・リュックに比べると容量面では少ない
・大きめのショルダーの場合比重がどちらかの肩にかかるので、肩が痛くなりやすい

このようなメリット・デメリットが双方にあります。

それぞれの良さを比較したうえで、目的にあったバックを選んでいきたいですね。

ディズニーリュックとマッチするコーディネートは?

バックを持つ際に、どんな服装と合わせてコーディネートしたらいいか迷いますよね。

ディズニーにリュックで行く場合には、どんなコーディネートとマッチするのでしょうか。

リュックは素材によって、カジュアルなコーディネートもキレイめなコーディネートもどちらも似合います

リュックとマッチしやすいコーディネート例を挙げるので、参考にしてみてくださいね。

ナイロン素材のリュック

どんな天候でも丈夫なものが多く、ナイロン素材はスポーティーな印象になります。
リュックと合わせるなら服装もカジュアルで動きやすさ重視のコーディネートがよいでしょう。

レザー素材のリュック

ナイロン素材に比べると、カジュアルになり過ぎず、どんなコーディネートにも合わせやすいです。
リュックはコーディネートしだいで野暮ったく見えやすいですが、レザー素材のリュックではお洒落に見えやすいという良さも。
キレイめなコーディネートと合わせるのもいいですね。

また、ディズニーのキャラクターが入っているリュックを使ってみるのも、ディズニーとの一体感を味わえておすすめです。

ディズニーでお揃いコーデをする人も多いよね!

ディズニーならではのコーディネートを考える事もディズニーを楽しむためのポイントと言えますね。

ショルダーバッグとの使い分けポイントも紹介!

リュックとショルダー、それぞれの目的別の使い分けポイントも紹介していきます。

  • リュック
    • 荷物が多い、重い荷物を入れたい場合
  • ショルダー
    • 荷物が比較的少ない、全体のコーディネートをスマートに見せたい場合

またリュックを使用する際、気を付けたいことが荷物を取り出しづらい点です。

それを解消するために、リュックとコンパクトなショルダーバックの2つ持ちという人も。

パークのチケットやスマートフォン、財布などすぐ取り出したい物をコンパクトタイプのショルダーに入れておくと便利です。

パークにはディズニー限定商品のリュックやショルダーも売ってるから、パークで選ぶのも楽しそう!

盗難や落とし物のリスクも減らせるので、ぜひ選択肢に入れてみて下さいね。

まとめ

今回は、ディズニーにリュックで行くのは危険や邪魔と言われる理由、ショルダーバッグの使用と合わせたメリット・デメリットについて調査しました。

  • ディズニーにリュックで行くのは、危険や邪魔と言われる理由
    • 人混みやスピーディーな対応が求められる場面では、邪魔になったり危険を伴う。
  • ショルダーバッグと合わせたメリット・デメリット
    • メリットはショルダーバッグと比べて大容量、両手が空く、疲れない点。デメリットは大容量のため周囲の邪魔になりやすく、荷物を取り出しづらい。

以上の結果になりました。

ディズニーは新しいエリアの開園に伴って、さらに大人気のスポットとなることが間違い無しです。

ディズニーの進化がこれからも楽しみ!

ディズニーを誰とどんな目的で楽しむかによって、服装や小物は大いに変わるでしょう。

ご自身にあったバッグのコーディネートで、ディズニーでの時間を楽しんで下さいね。

アドセンスディスプレイ
ABOUT ME
kazu
kazu
家族ファーストがモットーの3児の父親です。 妻は、数秘×マヤ暦鑑定の先生です。
愛知県在住。
ワンちゃん大好き! 現在ラブラドール2頭とポメチー1頭を飼ってます。
ディズニー大好き毎年家族で行ってます。
error: 右クリックできません。
記事URLをコピーしました