ディズニー映画
PR

ゴーテルが嫌いな理由は?悪い毒親なのかいい母親なのかも調査!|塔の上のラプンツェル

ゴーテル  嫌い 毒親
kazu3
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

塔の上のラプンツェルの悪役と言えばゴーテルですよね。

ゴーテルと言えば、ラプンツェルの髪の毛にある魔法の力を独占したく、塔の中に閉じ込め、ラプンツェルにひどい言葉を言ったりしたので悪い毒親で嫌いな人も多いでしょう。

嫌いと言われる一方で、ゴーテルは本当はいい母親なのではないかと思う人もいるようです。

そこで、「塔の上のラプンツェル」のゴーテルは悪い毒親なのかいい母親なのかについて調査しました。

ゴーテルのことを嫌いな人も、本当はいい母親なのではと思っている人もぜひご覧ください!

アドセンスディスプレイ

ゴーテルが嫌いな理由は?

ディズニープリンセスの中でも人気の高いラプンツェルですが、ラプンツェルの母親であるゴーテルが嫌いな人も多いですよね。

ゴーテルは400歳という年齢に見えないほど若々しいのですが、その美貌を維持するためにラプンツェルの髪にある魔法の力がどうしても必要としています。

ラプンツェルの母親代わりとして赤ちゃんの頃から育てたのも全ては自分の欲望のためだという意見もあります。

そこが嫌われている理由の一つのようですね。

本当に自分の欲望のためだけに18年間も育ての母親として子供を育てられるのでしょうか。

ゴーテルのラプンツェルに対する言動から、性格を調査しましたので紹介しますね。

ラプンツェルに愛情をもっていなかった?

ラプンツェルが赤ちゃんの頃から18年間育ての母親として育てたゴーテルは、ラプンツェルに愛情は持っていたのではないでしょうか。

いくら魔法の力のためとは言え、赤ちゃんから育てるのは簡単なことではありませんよね。

それに、ラプンツェルの好きな食べ物を把握していたり、誕生日にはわざわざ3日もかけてプレゼントである絵具を買いに出かけたりしました。

愛情がないとできないことですよね。

それに塔の中で閉じ込めて暮らしていたラプンツェルが素直に育ったのは、ゴーテルからの愛情が十分ラプンツェルにも伝わっていたからでしょう。

仮に、ラプンツェルの髪の毛の魔法の力を独占したかっただけなら、ラプンツェルに対して優しい言葉をかけたりはしないのではないかと思います。

それでも、ゴーテルのことを嫌いと思う人が多いのも事実です。

理由について調査しましたので、紹介しますね。

ラプンツェルを洗脳していただけ?

ラプンツェルのことを塔に閉じ込めて、他の人と接触しないようにしてきたゴーテル。

自分のことを信じさせ、外は危険であること、ラプンツェルがまだ子供だから独立できないこと…これらを繰り返し伝えてきたため、洗脳していたとも受け取れますね。

「あなたはダメな子」と繰り返し言っていたので、外の世界を知らないラプンツェルは自分自身が本当にダメな子なのか、何がダメなのか判断する基準がありません。

ゴーテルが毒親だと言われているのは、これらの言動から来るのでしょう。

このあたりが嫌いな理由なんでしょうね。

ゴーテルは悪い毒親?いい母親なのかも調査!

18年間ラプンツェルを育てたということからゴーテルはいい母親という意見もあります。

しかし育て方は、洗脳的で傷つけるような言葉も言うので「子育て」として考えると毒親と言えますね。

ラプンツェルからしたら、比較対象がないからこれが普通だと思っていたのかもしれないね

全く逆の意見ですが、世間の反応もどちらが多いのか調査しましたので紹介します。

悪い毒親?いい母親?世間の反応も紹介!

ゴーテルはラプンツェルに愛情を持って育てた母親なのでしょうか?

それとも自分の欲望のままになるようにラプンツェルを操っていた悪い毒親だったのか調査しましたので、紹介します。

ゴーテルの行動や言動が決して正しい訳ではないけれど、嫌いになれないところや、誰しもが悪役だと思わないところからも、表情や言葉からどこかラプンツェルに対する愛情を感じてしまうところがあるのではないでしょうか。

また、初めて見た時と2回目・3回目と回数を重ねるごとにゴーテルへの印象も変わるかもしれませんね。

そんなところもディズニー映画の楽しいところです。

ゴーテルの性格は優しいの?

ラプンツェルを育てたゴーテルは、優しかったのではないかと思います。

自分のために、子供を育てるには簡単なことではありませんよね。

ラプンツェルではなく髪の毛を守りたいだけであったとしたら、ラプンツェルに編み物など教えたりもせず、最低限のことしかしないのではないでしょうか。

それにラプンツェルの誕生日に3日もかけてプレゼントを買いに行くのも愛情がないとできない行動ですよね。

400歳のゴーテルからしたら、たったの3日のことかもしれませんが…。

子育てしているうちにゴーテル自身も考えもしなかった感情が芽生えたり、愛情がわいてきたと思いたいです。

まとめ

塔の上のラプンツェルのゴーテルは悪い毒親なのかいい母親なのかについて紹介しました。

ゴーテルのことを嫌いと思う人も多く、やはり18年間も自分の欲望のためだけにラプンツェルを閉じ込めて、洗脳のように育てたことから嫌いという意見が多かったですね。

しかし好きな食べ物を覚えていたり、母親らしいところもありいい母親のようにも思えます。

ゴーテルは塔の上のラプンツェルの中では悪役ですが、他の悪役と違い嫌いになりきれないキャラクターです。

きっと幼少期に見た時のゴーテルの印象と、物心がついてから、そして自分が親になってから見る時それぞれで印象が変わるでしょう。

アドセンスディスプレイ
ABOUT ME
kazu
kazu
家族ファーストがモットーの3児の父親です。 妻は、数秘×マヤ暦鑑定の先生です。
愛知県在住。
ワンちゃん大好き! 現在ラブラドール2頭とポメチー1頭を飼ってます。
ディズニー大好き毎年家族で行ってます。
error: 右クリックできません。
記事URLをコピーしました