アトラクション
PR

ディズニーアトラクションで吐いたらどうなる?三半規管が弱く酔う人の対策も紹介!

ディズニーアトラクション 吐いた 三半規管
kazu3
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

アトラクション・食べ物・ショーやパレードに夢の国の雰囲気と楽しみがたくさんあるディズニー。

遠方から来る人は長時間の移動に夜疲労だったり、楽しみで睡眠不足になったりする人もいるのではないでしょうか。

ディズニーアトラクションにも乗って楽しみたいけど、吐いたらどうなるのか、三半規管が弱い方はどんなに対策をしても酔うか心配になりますよね。

そこで、今回はディズニーアトラクションで吐いたらどうなるのか、三半規管が弱くて酔う方の対策はあるのか調査しました。

乗り物酔いやアルコールで酔うなど、理由は違っても事前に対策できることがあれば、対策して楽しめた方がいいですよね!

不安な方はぜひ最後までご覧ください。

アドセンスディスプレイ

ディズニーアトラクションで吐いたらどうなる?

アトラクションには乗りたいけど乗り物酔いが心配な人も多いですよね。

お酒も飲めるので、飲んだ後に乗り物に乗って吐いてしまったらどうなるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

また、普段は大丈夫でもディズニーに来るのに前日からの移動の疲れや、当日も朝から晩まで一日中遊び疲れも溜まり、酔いやすくなっています。

季節によっては、太陽の日差しで軽く熱中症の症状も出てしまうかもしれませんね。

無理はしないに越したことはありませんが、初めて乗るアトラクションはどんな感じかも分からないので、結果的に酔って吐いてしまうかもしれません。

結論から言うと、アトラクションは一旦停止させるようです。

その場合、どうなるのか詳細に調査したので紹介しますね。

アトラクションの運転は停止か?

調査したところ、アトラクションに乗っている最中に吐いてしまった場合、アトラクションは一旦停止させるようです。

二次感染防止のため、乗車していた他のゲストもすぐに退出するよう指示が出るみたいですよ。

また他のゲストを退出させるのは、吐いてしまった方が、他の人に迷惑かけたと落ち込まないようにという配慮でもあります。

ゲストは夢の国にいるので、掃除している様子を見ることで夢を壊さないようにもしているんですね。

キャストの嘔吐時の対応も紹介!

アトラクション担当のゲストは、他の乗客を退出させ、すぐに清掃キャストを要請するそうです。

清掃キャストはその指示が流れてきたら、近くにいる人が駆け付けて殺菌や消毒を行い汚れが残らないように綺麗にしているんですよ。

再開後も変わらず楽しめるように、清潔にして脱臭まで行っているらしいです。

もちろん嫌な顔することもなく、体調不良の時は優しく対応をしてくれ、清掃スタッフもマスクと手袋を装着して作業することで、スタッフもゲストの安全・安心も考えられています。

キャストの方たちが壁になって見えないようにするなどの配慮もあるそうです。

咄嗟にそこまで判断して動けるのはさすがのディズニーですよね。

三半規管が弱く酔う人の対策も紹介!

三半規管が弱い人は、アトラクションに乗っても大丈夫か心配ですよね。

口コミを見ても、実際に酔ってしまったという感想も見ますが、思ったより大丈夫だったという口コミも目にするので、自分はどうか不安になってしまいます。

そのため酔いやすいことが分かっている人は、あらかじめ酔い止めを飲んでおくと安心ですね。

また、食後すぐには乗らない・空腹はさける・睡眠をしっかりとるなどの対策に加えて、締め付けるような服装も控えるとよいでしょう。

体調が悪いと感じたら、無理せずにベンチに座ったり、救護室で休むなどしてくださいね。

三半規管が弱く酔う人の特徴は?

三半規管が弱いと乗り物に酔いやすいと言われていますが、三半規管には自律神経も関係しているんですよ。

そのため、過度なストレスで自律神経が乱れてしまうと三半規管も衰えやすくなると言えるでしょう。

アトラクションは不規則なスピードや発車・停車の繰り返し、左右への繰り返されるカーブや独特の揺れがあり、これらの体感情報を脳に伝えているのが三半規管なんですね。

情報量が多いと三半規管の負担が高くなり、自律神経が乱れて気分が悪くなった結果乗り物酔いになってしまうそうです。

酔いやすい人はディズニーに行く数日前から規則正しい生活を心がけて、睡眠不足など自分で対策できる不調は避けて遊びに行きたいですね!

体調だけでなく、座る席でも変わる!

人間は五感を使い情報を脳に伝えているので、目から見た視覚の情報もあります。

ディズニーでも酔いやすいと言われているスペースマウンテンは、暗い中コースターが動くので次の動きが分からないのも酔ってしまう理由の一つですね。

そのため暗いアトラクションでは、後ろの方の席に座ることで前の動きが分かるため多少酔いにくくなりますよ。

また、右への旋回が多いアトラクションのため座席も右側に座った方が遠心力が軽減されるのでおすすめです。

このようにアトラクションに酔っては、座る位置で防げる可能性もあるので、絶対に乗りたいアトラクションがある方は、動きの特徴を確認してみてもよさそうですね。

また、乗車中は頭を座席にしっかりとつけて乗ると、頭の揺れも軽減されますよ。

まとめ

ディズニーアトラクションで吐いたらどうなるのかについて調査しました。

三半規管が弱く酔うかもしれない方は、規則正しい生活で睡眠不足を避けるなどの対策をしましょう。

また酔い止めを飲んでおくと安心ですね。

もしディズニーアトラクション乗車中に吐いたとしても、キャストの方が清掃して清潔に脱臭までしてくれます。

二次災害対策も考えられているのはさすがですよね。

ストレスなどの自律神経の乱れも三半規管へ影響が出るので、ディズニーで日頃のストレスを吹き飛ばしちゃいましょう!

酔うかもしれない…と不安な方は、無理せずに体調と相談しながら楽しんでくださいね。

アドセンスディスプレイ
ABOUT ME
kazu
kazu
家族ファーストがモットーの3児の父親です。 妻は、数秘×マヤ暦鑑定の先生です。
愛知県在住。
ワンちゃん大好き! 現在ラブラドール2頭とポメチー1頭を飼ってます。
ディズニー大好き毎年家族で行ってます。
error: 右クリックできません。
記事URLをコピーしました